2017/07/16(日)チョウトンボとコシアキトンボ,ミセススローカム

Hirosugu Hirayama
暑いと思いつつ,時間が少し空いたのでトンボの写真を撮りに出掛けました.
チョウトンボというきれいな羽を持つトンボが生息する場所が比較的近くにあるという話を聞いたためです*1
実際,そのトンボは蝶のようでした.惜しむらくは,曇っていたために羽の色がそこまできれいではなかった点.そして望遠レンズを持っていなかった点*2
このトンボの羽はたぶん構造色(恐らくキチン質の多層膜)によって発色しており,光の入射角,観察する角度によって色の見え方が大きく異なります.
曇りだと,散乱光が空のあらゆる方向から均一に入射するため,見る位置による色の変化に乏しいと思われます.強い光でもないため,羽も輝きません.
晴れた日に望遠レンズを持って行くのが適当な被写体といえます.

それはさておき,この生息場所はトンボの楽園というべきものでした.
このチョウトンボの他,表題に掲げたコシアキトンボシオカラトンボギンヤンマといった種類のトンボが飛び交っていました.
咲き誇るハスの茎にはヤゴ(の抜け殻)もあり,トンボにとって好条件がそろっているようです.
ハスはミセススローカムという名の交配種で定植されたもののようです*3
このハスは咲き始めの花は桃色,日を追うごとにうちに桃色から薄い黄色~白色になるようです.花びらの先端付近だけ桃色がわずかに残るようです.
先日見に行った大賀ハスよりも華やかなハスでした.

この場所は結構気に入りました.別の機会に訪れようと思います.
IMGP0784e.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:08:12,焦点距離: 135mm,F値: 9.0,露光時間: 1/250s,ISO: 200,EV: 0]

チョウトンボ.
IMGP0791.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:09:56,焦点距離: 135mm,F値: 9.0,露光時間: 1/200s,ISO: 400,EV: 0]

コシアキトンボ.ほとんどとまらないため写真に撮るのが大変.
IMGP0769.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:04:19,焦点距離: 78mm,F値: 9.0,露光時間: 1/500s,ISO: 200,EV: 0]

ミセススローカム.

*1 : 私が自転車で行ける範囲です.

*2 : 自転車で行ったため荷物の制約がありました.

*3 : 簡易な看板があり2005年に定植されたと解説がありました.

1全景

下のような場所です.広いため池です.
ちなみに,明確な駐車場はありません.
ここに来るまでの道は狭く,軽自動車同士でもすれ違えません.道幅2m弱といったところです.
知っている人じゃないと絶対に来られないと思います.Google ストリートビューでもカバーしていないところです.
IMGP0741.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 10:59:01,焦点距離: 18mm,F値: 5.6,露光時間: 1/500s,ISO: 200,EV: 0]

IMGP0774.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:05:15,焦点距離: 18mm,F値: 9.0,露光時間: 1/250s,ISO: 200,EV: 0]

2ミセススローカム

IMGP0757.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:02:11,焦点距離: 135mm,F値: 5.6,露光時間: 0.001s,ISO: 200,EV: 0]

IMGP0768.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:03:36,焦点距離: 135mm,F値: 9.0,露光時間: 1/400s,ISO: 200,EV: 0]

IMGP0770.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:04:32,焦点距離: 88mm,F値: 9.0,露光時間: 1/200s,ISO: 200,EV: 0]

IMGP0773.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:05:04,焦点距離: 60mm,F値: 9.0,露光時間: 1/320s,ISO: 200,EV: 0]

3チョウトンボ

先に示した写真は,次の写真のトリミングです.
IMGP0784.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:08:12,焦点距離: 135mm,F値: 9.0,露光時間: 1/250s,ISO: 200,EV: 0]

4ほか

隣に別のため池があります.こっちはヒツジグサっぽい睡蓮が咲いていました.
IMGP0793.JPG
[撮影日時: 2017:07:16 11:19:47,焦点距離: 18mm,F値: 9.0,露光時間: 1/320s,ISO: 200,EV: 0]

OK キャンセル 確認 その他