2018/04/01(日)八幡山公園と勝山の桜ほか

昼間は宇都宮の八幡山公園へ,夜はさくら市勝山の鬼怒川河川公園へ桜の花を撮ってきました.
満開と休日が重なるのはありがたいです.
八幡山公園は下の写真の通り,ヒトヒトヒト…….しばらく行かなくていいですかね……….
_IMG4130.JPG
[撮影日時: 2018:04:01 13:30:40,焦点距離: 55mm,F値: 6.3,露光時間: 1/800s,ISO: 200,EV: 0]

_IMP2989.JPG
[撮影日時: 2018:04:01 13:27:48,焦点距離: 3.8mm,F値: 7.1,露光時間: 1/250s,ISO: 100,EV: 0]

_IMG4145.JPG
[撮影日時: 2018:04:01 20:40:35,焦点距離: 55mm,F値: 4.5,露光時間: 1/60s,ISO: 12800,EV: 0]

続きを読む

2018/03/17(土)井頭公園の梅の花 2018

井頭公園の梅は2年前にも祖母と見に行ってきたのですが,今年は祖母と母と3人で出かけました.私は運転手でした.
先日の偕楽園とは違って,快晴の空の下咲き誇る梅…….先週この天気だったらなぁ……….

特に八重の花が印象に残りました.紅梅は盛りを過ぎているようでした.
_IMG3821.JPG
[撮影日時: 2018:03:17 12:55:04,焦点距離: 300mm,F値: 11.0,露光時間: 1/160s,ISO: 200,EV: 1/1]

_IMG3837.JPG
[撮影日時: 2018:03:17 13:05:49,焦点距離: 260mm,F値: 7.1,露光時間: 1/400s,ISO: 200,EV: 1/1]

続きを読む

2018/03/11(日)偕楽園とひたち海浜公園へ自動車で

偕楽園(梅の花目当てです)とひたち海浜公園(早咲きスイセン目当てです)へ自動車で行ってきました.
人混みを嫌って早朝に訪れるためです.
午前6時台に偕楽園まで行き,9時頃に撤収すれば人混みも駐車場も渋滞も気にせずに梅を楽しめることがわかりました.
そして,その足でひたち海浜公園へ行くと,ちょうど良く開園時間直後(開園は9:30です)で駐車場もガラガラのようです.
ただし,ネモフィラの季節はわかりません.

偕楽園もひたち海浜公園も,じっくり見ることができて良かったのですが,
天候は基本的に曇りで大変残念でした.次に行くことがあれば,快晴となるタイミングで訪れたいものです.

撮ったもののうち,比較的マトモなものを選抜して載せておきます.全部で50枚ほどです.
特に梅の花を大きく写した写真は,壁紙とかに良いかもしれません.

IMGP1828.JPG
[撮影日時: 2018:03:11 07:08:04,焦点距離: 12mm,F値: 7.1,露光時間: 1/30s,ISO: 200,EV: 0]

IMGP1834.JPG
[撮影日時: 2018:03:11 07:13:18,焦点距離: 24mm,F値: 7.1,露光時間: 1/60s,ISO: 100,EV: 0]

IMGP1922.JPG
[撮影日時: 2018:03:11 10:26:00,焦点距離: 12mm,F値: 7.1,露光時間: 1/200s,ISO: 100,EV: 0]

IMGP1942.JPG
[撮影日時: 2018:03:11 10:47:46,焦点距離: 12mm,F値: 7.1,露光時間: 1/200s,ISO: 100,EV: 1/1]

続きを読む

2017/12/31(日)富士山をいろいろなところから観察する

出掛けた先で更新した記事でも触れましたが,富士山の写真を撮りに出かけました.
しみじみ,富士山を近くから見たことってほとんどなかったので,今回はよく観察してきました.
この記事はダイジェスト版です.今後可能であれば記録用の詳細版を編集してこっそり公開します.
_IMG2414.JPG
[撮影日時: 2017:12:30 07:27:52,焦点距離: 48mm,F値: 10.0,露光時間: 1/3200s,ISO: 200,EV: -2.3]

続きを読む

2017/12/02(土)師走のドウダン

壁紙向き季節::季節:: Hirosugu Hirayama
庭の生け垣のドウダンツツジがきれいに紅葉していたので,写真に撮ってみました.
もう12月.2017年もわずかですが,日記の更新ペースを上げて,一応去年の記事数には並べたらと思います.
_IMG2063.JPG
[撮影日時: 2017:12:02 11:09:52,焦点距離: 100/1mm,F値: 2.8,露光時間: 1/800s,ISO: 200,EV: 0.7]

続きを読む

OK キャンセル 確認 その他