ようこそゲストさん

Wiki 小さなそして広がっていく世界

メッセージ欄

分類 【未分類】 で検索

一覧で表示する

2014/06/27(金) EPSファイル(jw_cadで作成した図)をinkscapeで追加編集する

未分類
jw_cadで作成した図面に,数式や文字,色などの情報を追加したいことはままあること.

この場合,回りくどいがjw_cad→EPSプリンタで印刷→GsViewでSVG変換→inkscapeで開くという手順を踏むと問題なく編集できる.

最初,jw_cad→PDFプリンタ→inkscapeで読み込みという手順で編集したら,EPSで再保存する際に出力がおかしくなった.

この方法は,別のソフトで作成した図をinkscapeで編集する場合に広く利用できると思われる.

2013/07/23(火) Windows版GvimでPowerShellを呼び出す.

未分類
設定ファイルに下記を追加すると,
vim上で「:!プログラム名」とした際に起動するシェルがコマンドプロンプト(cmd.exe)から
Windows PowerShellに変更できる.
set shell=powershell.exe
これはUNIX系OSを使い込んできた身としては大変ありがたい(cmd.exeは機能的に残念すぎる).

gnuplotのsvg出力でフォントを設定し,inkscapeで編集する

未分類
svgのグラフでローマン体を使って出力したい場合は次のように設定を行う.
set term svg enhanced mouse size 600,400 fname "Times New Roman"
注意しなければならないのは,inkscapeに登録されいるフォント名を指定しなければならないということ.
Times New Romanを指定したい場合は素直に"Times New Roman"とする.
(gnuplotのEPS出力等では"Times-Roman"など別の名前にする必要がある.)
inkscapeではフォントは(半角スペースを含んだ)半角英数で登録されている.
文字入力モードで選択できるフォント名をそのまま指定する形になる.

dviout abort automatic font generation

未分類
これまでWindowsでTeX環境を整えるときは専ら
TeXインストーラー3というプログラムを利用させていただいていた.
これは非常に簡単にTeX環境構築ができるのでオススメである.

今回ThinkPadのOSの再インストールを行った関係で久しぶりにこのプログラムを使わせていただいたのだが,
珍しくエラーが出たのでメモしておく.

dvioutでフォントがうまく生成されず,
"dviout abort automatic font generation"というようなエラーが出た.

エラー表示を見たり,TeX環境の再インストールを何度か行ったりしたが,
結局dvioutのTEXROOTの値に"C:\w32tex\share\texmf-dist\fonts"というパスを追加することで解決した.
設定する場所はdvioutを起動して,[Option]→[Setup Parameters ...]の[Font]タブである.
該当箇所を追記し,変更を適用してSaveする.

TeXWikiのdvioutのページを見て修正した.
ここによれば,2013年4月8日以降のW32TeXではこの対策をしないとダメらしい.
dviout側で対策がされるまではこの手動設定が必要みたいである.

vimで行頭に一括で記号を挿入・削除

未分類
調べたらありました.
コメントアウトの設定・解除や,タブの挿入・削除に便利だと思う.

記号を挿入

  1. 挿入したい行の先頭で"Ctrl + v"(ビジュアル 矩形モード)
  2. jやk(あるいは方向キーの↑↓)で範囲選択
  3. 大文字のIで("Shift + I"で)挿入モードへ
  4. 挿入したい文字列を入れる.
  5. "Esc"(あるいはCtrl + [でもよい)を押すと選択したすべての行に文字列が挿入される.

記号を削除

  1. 削除したい行の先頭で"Ctrl + v"(ビジュアル 矩形モード)
  2. jやk(あるいは方向キーの↑↓)で範囲選択
  3. d
これによって行頭の1文字が削除されます.

矩形モードのため,行頭でない場所で上記それぞれの1を実施するとそこに文字列が挿入されます.
応用範囲は広いでしょう.矩形モードの詳細は検索するとたくさん見つかりますのでそちらをご参照ください.