ようこそゲストさん

Wiki 小さなそして広がっていく世界

adiary

Linux
以下では,このWiki(兼日記)を構築している,adiaryというSoftwareのメモを記述します.
adiaryはtDiaryよりも高速で高機能なブログツールです
(少なくとも私のサーバで導入したらtDiaryに比べ応答速度が劇的に向上しました.).
AGPLv3ライセンスで開発されているらしいです.

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/04/tb/

Debianに関すること

Linux

この記事以下のWikiはLinuxに関するメモを記述します.
私はDebianユーザなのですが,
他のディストリビューションでも使えるかもしれません.
  • サーバ機スペック
CPU : Core2 Quad Q8400 2.66GHz
MB : ASUS P5KPL-AM EPU
Memory : 2GB
Chipset : IntelG31+ICH7
HDD : SATA II 160GB×1(システム用)
            SATA II 2TB×2(データ保管用1,2.rsyncによりミラーリング.)
            SATA II 1TB×1(一時ファイルや別PCのバックアップデータ)
Sound Card : ONKYO SE-200PCI
SATA Card : SATA3I2-PCIe
CD drive : LG Electronics DVDRAM GSA-H62N
OS : Debian GNU/Linux 5.0.7 lenny
kernel : 2.6.26-2-686

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/03/tb/

adiaryでTeXを使う

TeX
このプログラムでは,TeXの記法を利用して,数式を入力・表示できるようです.
ただし,mimetexというプログラムを,adiaryがあるフォルダ内に配置する必要があります.
例えば,次のような表示を行うことが出来ます.
[x^a x^b] = x^{ab}
m\dfrac{\text{d}^2x}{\text{d}t^2}=F
正直なところ,見た目はそんなに良くないが,必要最低限の性能は備えていると思います.
当分はこれで.

ちなみに,以下のように打ってます.
[[tex:[x^a x^b] = x^{ab}]]
[[tex:m\dfrac{\text{d}^2x}{\text{d}t^2}=F]]
ちなみに,\Largeコマンドを頭に置くと,下のように大きくなります.
{\Large m\dfrac{\text{d}^2x}{\text{d}t^2}=F}

1: 平山 2010年04月20日(火) 午後7時13分

なんと,携帯から数式が読める!

2: Hirayama Hirosugu 2010年04月24日(土) 深夜0時06分

[[tex:m\dfrac{\text{d}^2x}{\text{d}t^2}=F]]

3: Hirayama Hirosugu 2010年04月24日(土) 深夜0時11分

自己レスばっかりですが,どうやらコメント欄では数式の記法を打っても反映されないようです.


名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/02/tb/

adiaryの導入

Linux
tDiaryなみに簡単インストールできると謳われていた
adiaryなるプログラムをサーバにインストール.
しかし,何ですか,私はまたも転けてしまいましたよ.
なので,以下に導入法を記述します.いずれのOSもroot権限で作業します.

Debian squeeze

1.公式サイトから(こちらです),adiaryのEUC-JP版をダウンロード.
2.適当な場所に,tar -zxvf adiary-2.12.tar.gzで展開
3.それを/var/www/adiary/memo/としてコピー.
4.インストール案内に従って各ファイルをリネーム.
  • # uploader.conf.cgi.sample を uploader.conf.cgi にコピー.
  • # adiary.conf.cgi.sample を adiary.conf.cgi としてコピーして適当にいじる.
  特にこのファイルの↓の部分は変更する.
  # ●以下の「秘密の言葉」を必ず書き換えてください。
  <$Secret_phrase = 'すきな文字列をここに書く'>
5.上のディレクトリ全体について,持ち主をchownでwww-data:www-dataとしよう.
6.Apacheの設定ファイルを変更する.
  • Debianの場合,デフォルトに近い状態だと,
/etc/apache2/sites-available/defaultに以下のようなものを追加.
<Directory /var/www/adiary/memo>
Options Indexes FollowSymLinks MultiViews +ExecCGI
AllowOverride All
Order allow,deny
AddHandler cgi-script cgi pl
allow from all
</Directory>
7.Apacheの再起動.
8.アクセスするときっと大丈夫.

CentOS 6

CentOS 6系列にインストールした際のメモ.ディレクトリの場所やパッケージ名などが異なる.

1.公式サイトから(こちらです),adiaryのUTF-8版をダウンロード.例えば↓.
wget http://adiary.org/download/ver2/adiary-2.28a-utf8.tar.gz
2.適当な場所に,tar -zxvf adiary-2.xx.tar.gzで展開
3.それを/var/www/html/adiary/memo/としてコピー.
4.インストール案内に従って各ファイルをリネーム.
  • uploader.conf.cgi.sample を uploader.conf.cgi にコピー.
  • adiary.conf.cgi.sample を adiary.conf.cgi としてコピーして適当にいじる.
  特にこのファイルの↓の部分は変更する.
  # ●以下の「秘密の言葉」を必ず書き換えてください。
  <$Secret_phrase = 'すきな文字列をここに書く'>
5.上のディレクトリ全体について,持ち主をchownでapache:apacheとしよう.
6.Apacheの設定ファイルを変更する.
  • デフォルトに近い状態だと,
/etc/httpd/conf/httpd.confに以下のようなものを追加.
<Directory /var/www/adiary/memo>
Options Indexes FollowSymLinks MultiViews +ExecCGI
AllowOverride All
Order allow,deny
AddHandler cgi-script cgi pl
allow from all
</Directory>
7.Apacheの再起動.
8.アクセスするとページが開けるので,ページの案内に従い設定を進めていく.
9.画像のアップロード系の設定もしておく.
  • ImageMagick系のパッケージをインストールする
yum install ImageMagick
yum install ImageMagick-perl
  • インストールしたディレクトリのuploader.conf.cgiを適宜編集する.解説文は丁寧な日本語なのでそれを読みながら設定.

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/01/tb/