ようこそゲストさん

Wiki 小さなそして広がっていく世界

vimの簡単な使い方

未分類

vimは癖があるけど,慣れると便利なエディタです

vimはUNIX系のOSには必ずといっていいほど標準でインストールされているエディタです.
軽量で高速であることが最大のメリットですが,同時に取っつきにくさは双璧をなすEmacsよりも勝っていると思います.
一度に全ての作業を覚えることは不可能なので,すこしずつ覚えて,簡単な編集作業が行えるようにチャレンジしてみましょう.

vimはコマンドモードと挿入モードがある.

まず,この2つのモードがあることがvimのvimたる所以であると覚えておきましょう.
vimは
vim ファイル名
でvimが起動して対象ファイルを開きますが,この起動時になっているモードがコマンド(通常)モードです.
このままテキストファイルを編集しようと文を打とうとしても,なにも入力されません.
この状態から半角の「i」や「a」を押すと,挿入モードになります.これは普通のエディタの挙動とほぼ同じです.
一度aやiを押した後は,テキストを直接編集する状態です.
再びコマンドモードに戻るのには,Escキーを押すか,「Ctrl+[」を押します.
基本的に「a」と「Ctrl+[」を多用して,vimによる作業は進んでいくのです.

vimを起動した後,実際に「a」と「Ctrl+[」を使って,挿入モードとコマンドモードを切り替えてみてください.

ファイルの保存は「:w」

編集したファイルを保存する際は,コマンドモードで「:w」と入力します.
必要に応じて,「:w 保存したいファイル名」としてください.
「Ctrl+[」 → 「:w」がWindowsにおける一般的なエディタのショートカットキー「Ctrl+s」に対応します.
一見非効率のようですが,ホームポジションからほとんど位置を変えずにこれらのキーは入力できるので大差ありません.

保存せずに終了は「:q」

変更を保存せずに終了する場合は,「:q!」と打ちます.

保存して終了は「:wq」

ちなみに,強制的に上書きする場合は「:wq!」と入力します.

追加で覚えておくと便利なコマンド

上のコマンドさえ覚えれば最低限編集と保存ができるようになります.
ただ,これだけではあまりvimを使う恩恵がありません.下記のコマンドもぜひ覚えるべきです.
加えて,下記のコマンドを組み合わせることもできるので試してみてください.

1行コピーは「yy」,1行切り取りは「dd」,ペーストは「p」

カーソルのある行を含めず5行下までコピー,切り取りを行いたい場合は,「5y」,「5d」と打ちます.

行番号を表示したい場合は「:set nu」,消したいときは「:set nonu」

結構使います.便利です.

n行から,m行までをコピーしたければ,「:n,my」,切り取りたければ「:n,md」

行番号が表示されているときに利用すると効果的です.

n行から,m行までの範囲でoldをnewに置換したければ「:n,ms/old/new/g」

なお,「:1,$s/old/new/g」とするとファイル全体を範囲とします.

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/035/tb/

sshの導入と使い方

未分類

sshそれは便利なプロトコル

sshを使って通信すると,安全にサーバと通信することが可能です.
研究室のDebianサーバでsshサーバを構築し,それと通信する方法を説明します.

OpenSSHのインストール

sshとはプロトコル(決まり)の名前で,その通信規格を実際に使うにはOpenSSHというソフトウェアを使います.
このソフトウェアはサーバソフトとクライアントソフトがあって,
サーバ(OpenSSH Server)はDebianに標準でインストールされていません.
インストールするにはrootで以下のようにタイプします(行末ではエンターキーを叩いてください).
各行を入力し,エンターキーを押すと,aptitudeが実行され,画面が流れていきます.
Yes,Noの確認が出たらYesを選択してください(yでも,Yでも,yesでも大丈夫です).
aptitude update
aptitude upgrade
aptitude install openssh-server
上を入力するとインストール完了です.

設定

設定ファイルは,/etc/ssh/sshd_configです.
これをvimを使って編集します.

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/034/tb/

Debianのインストール

未分類

Debianのインストールについて

解説しているページは非常に多い.
インストールしたバージョンはLenny(Debian GNU/Linux 5.0.4 2010年1月リリース).

公式ページにISOイメージはあるのでそちらを参照して欲しい.
リンク切れの可能性もあるが,その時点でのstable*1のインストールマニュアルはこちら
パソコンのアーキテクチャごとにマニュアルが異なるようなので,適切なリンク先を辿って欲しい.
2010年の時点では,Intel系のCPUのコンピュータなら
たぶん「Installation Guide Intel x86 用」などと書いてあるものをたどっていけば良いと思う.
わからない場合は,人に聞くか,適宜調べてください.

詳しい解説は上記リンク先に任せるものとして,
この記事では,本サーバでどのような設定を行ったかをなるべく順序よく記述するものとします.

*1 : 安定版.その時点(あなたが閲覧している今そのとき)でインストールが推奨されているバージョン.名前の通り安定していて扱いやすい.ただし,最新の機能は使えない

要点

インストールディスクを起動する

インストールディスクを用意して,インストールマシンで起動する.大まかに,以下の流れになります.
  1. インストールディスクの入手(可能な限り最新の安定版を入手することを勧めます).
    • ISOイメージをDVDなどに書き込んで,ブートディスクを作ります.
  2. ディスクをインストールしたいマシンに入れて,電源投入.
    • インストールディスクを読み込ませるには,BIOS上でFirst Boot DeviceをCDドライブにしておく必要があります.
  3. インストールディスクのメニュー
    • この辺りから,Debianのバージョンごとに少しずつ異なってくるので,マニュアルを見て適切なものを判断してください.
    • 私(Hirayama)は,最初のメニューで,Option→Expert Graphical Installというように選択しました.これはインストールがGUIで行えて,それなりの詳しさで設定を行えるインストールモードです.

インストール本番

多分にOSのバージョンごとに微妙な差異が生じていると思いますので,どんな設定をしたかをまとめておきます.
インストールのモードによっては設定項目が存在しない場合もあります.
以下の設定項目はクイックインストールに準拠しています.
このページの方が記述量が少なくて見やすい.このページを参照しつつ,わからないことがあったら,上で紹介した詳細な解説を参照するのがベターでしょう.
  • 言語は日本語.
  • キーボードは106日本語キーボード
  • 言語ロケールは,システムで使うものはEUC-JP,追加でUTF-8*2
    • この設定項目は普通のグラフィカルインストールだと表示されない模様.インストール後にも設定できるので問題ない.
  • ディスク(HDDやSSDなど)の使い方は,「最大の空き領域を使う」→「すべてのファイルを1つのパーティションに」とした.
    • 大規模なサーバでもないので.
  • ファイルシステムはext3.
  • 管理者の設定はrootを有効にして,パスワードを設定(パスワードはサーバの箱のどこかに書いてあります.)
  • 一般ユーザの設定はとりあえず,インストールした人の名前(yushi)のユーザを作りパスワード設定しました.
  • ネットワークの設定
    • ホスト名はとりあえずDebian
    • ドメイン名は空白.
    • IPアドレスは,LAN内のもので192.168.11.6(ルータでも設定しておく).
    • 当然DHCPは使わない.
  • パッケージ設定
    • 追加パッケージといったものはYes
    • NonFreeもイエス(選択肢があれば.なければ別によい)
    • ソフトウェアコレクションは下記を選択した.
      • デスクトップ環境
      • ウェブサーバ
      • ファイルサーバ
      • 標準システム
  • GRUBのインストールははい.grub2をMBRにインストール.
ここまでで一通りインストールが完了する.
再起動して,ログイン画面が出ればそれでOK.

*2 : TeXを使う場合にロケールがUTF-8だと2010年の時点だと不便であるため


名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/033/tb/

Debianサーバ構築編

未分類
DebianというのはLinuxディストリビューションの一つで,安定性に定評があります.
このページが動いているサーバは,Debianで構築されています.
Debianは大型計算機から,デスクトップ,低スペックの録画サーバまで(例が変?),
様々なスケールのシステムに利用できます.
このサーバ構築の方法について,順を追って記録しておきます.

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/032/tb/