ようこそゲストさん

Wiki 小さなそして広がっていく世界

robocopyでファイルサーバにバックアップ

未分類
robocopyはWindows Vista以降に標準で含まれているツールで,ファイルのコピーコマンド.
このコマンドを利用して,ワンクリックで指定のフォルダをバックアップすることをやってみよう.
robocopy "C:\Users\Hirayama Hirosugu\Documents\Local-Files" "\\192.168.○.△\share\Members' Files\H2\BackUpFiles" /MIR /LOG:backuplog.txt /TEE /TS /FP /FFT
オプションについて
/MIR:ミラーリング.更新した部位だけ,ファイルをコピー,あるいは削除する.
/LOG:ログをbackuplog.txtとして保存.
/TEE:ログを標準出力にも表示.
/TS:タイムスタンプを出力(効いていないかも)
/FP:フルパス出力
/FFT:FATファイルシステムと見なし,タイムスタンプの精度を2秒にする.
こうしないとNASにコピーする際にスタンプの精度の関係から正常にコピー先を更新できない場合がある.必要に応じて追加すべき.

これをテキストファイルに貼り付け,拡張子をbatにすれば,ワンクリックでバックアップ作業が行える.
さらに,タスクスケジューラ(スタートメニュー→アクセサリ→システムツール以下にあるはず.)を使えば定期実行できるし,
スタートアップに登録すれば,起動時に必ず実行してくれる.

インストールの仕方

XPでは標準で含まれていないが,Windows Server 2003 Resource Kit ToolsからXP対応版を無償でダウンロードできる.
ウィザードでインストールできるので特に難しくない.ただし英語である.

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://ac206223.ppp.asahi-net.or.jp/adiary/memo/adiary.cgi/hirosugu/058/tb/