ようこそゲストさん

小さなそして広がっていく世界

メールはパソコンで.

2011/12/15 22:09 未分類
携帯電話を私はほとんど使いません.

携帯にネガティブなイメージを持っています.
まるで発信機を持たされているようだ,と思っています.
携帯で縛られていたくないと思っていて,
特に携帯メールの遣り取りは,かなり拘束されている気がします.
メールを何度も遣り取りするなら,電話で済ませた方が効率的だとも思っています.

それに,幸か不幸か電話もメールも携帯へはほとんど来ないです.
だから,常に持ち歩いたり定期的に確認することも習慣になっていません.
しかも万年マナーモードなんです.
一度マナーモードにするとずっとそのまま.携帯の存在すら忘れるような状態です.
大学時代はベッドの下に落ちて3日間以上放置ということも多くありました.

そこで申し訳ないのが,こんな私にメールをくださる方です.
メールに気がついたら,1日以上経っていたということが多くありまして…….
それに携帯の操作というものも苦手で,おそらく同世代の人の5~10倍くらい文字入力に時間がかかってしまうのです.
そのため,返信しようにも,時間がかかって返信ができない,ということもあるのです…….
そうなった場合,返信の機会を逸していることも多く,すごく申し訳ない気持ちになります.
実は今日もやってしまいまして,ブルーな気分です…….

気をつけなければとは思うのですが,
ここまで来ると,何だかこの習性を修正すること出来ない気がするのです.
こういうヤツなんだと思っていただいて,つきあっていただくしかないかと思うのです….ごめんなさい.

一方,パソコンのメール(Gmail)やこの日記,Google+の私の本名のアカウントは
私が五体満足でネットワークにアクセスできる状態なら,1日に1度は必ず確認しています.
しかも,携帯とは比較にならないほど速く打てるので反応もいいです.
というわけで,私にやや急ぎの用があるときはパソコンがいい,ということになります.
ご了承ください.

1: 青城光 2011年12月16日(金) 午後4時56分

同じく。電話はあくまで電話であるというのに、人々はメールのやり取りに余念が無いようです。

2: Hirayama Hirosugu 2011年12月17日(土) 午後11時48分

メールのやりとりを頻繁に行う人はずっと携帯をいじっている印象がありますね.
携帯をいじっているんなら,他のことをしていた方が有意義だよなと思います.ひとそれぞれですが.
私にとっては,基本的に携帯は出先での連絡や,携帯の連絡先しか知らない人との通信に使う手段ですね.

3: K-Shin 2011年12月18日(日) 午後11時16分

メールは電話と違って、即応性を問われないってのが長所だと思います。
出す側も火急の用であればメールでは来ないだろうってのが個人的な認識です。

最近は携帯で比較的快適なウェブブラウジングができるそうで・・・。
ネット使うのにPC前に居座らなければならないってのが時代遅れになる時代が
そこまで来てるのかもしれないですね。
そう考えるとメール、電話も同環境でできる分、大変な合理化なのかもしれません。
まあそれこそ使う環境の選択ってのは人それぞれなわけではありますが・・・。
個人的なところですが、最近スマホだったらな、と思うことが最近増えてたりします。

4: Hirayama Hirosugu 2011年12月18日(日) 深夜0時21分

そうですね.メールは通常即応性は求められないと思います.
ただ,たまに結構早めの返答を求められる内容もありますから,難しいところですね.
そういうわけで,やや急ぎの用(=半日~1日以内くらい?)までなら
パソコンのメールの方が私にはコンタクトをとりやすいという主張です.

確かに,最近の携帯のブラウジングの性能はすごいと思います.
ただし,現状では「携帯端末にしては」,あるいは「閲覧専門ならば」ですよね.
大半の人は「閲覧しかしない人」なので,
確かに場所を選ばずに情報にアクセスできる携帯端末はこれからも普及していくでしょうね.
しかし,PCの前に居座ることが時代遅れとはならないように思います.
当分は,回線速度やUIの特性の違いから,携帯端末とPCは住み分けがなされるでしょう.

特にヘビーユーザーや情報の生産者(編集者)はPCのような環境の方を選び続けるのではないでしょうか.
例えば,動画共有サイトを快適に閲覧するのには,やはり固定の光回線を使用した方がいいでしょう.
また,業務系メール等のある程度論理的な内容の長文の入力を求める用途では,
B5のノートパソコン以上のサイズのキーボードでの作業に軍配があるでしょう.
というか,手で入力する限りはずっとキーボードの方が優勢に思います
(電脳化(!)などで文字入力が不要になったら別です).

上記のように携帯端末は場所を選ばずに情報にアクセスできるのが強みであって,
特に情報を発信することは一応は行えるものの,その分,質が落ちると考えます.
考えて文章を書くなら,机に座って書いた方がいいかなと.

合理化もあくまでも出先での場合などでだとも思います.
スマホでは電話もメールも出来ますが,同時には行えません.
デスクでなら,固定電話で相手と話し,別の情報をパソコンで参照して仕事を進められます.
スマホは何でもできますが,同時に複数の情報を閲覧は出来ません.画面の大きさに限界があります.
デスクだったらモニタを2枚置いて,片面でネット資料を見て,もう一方で文書を作成とかできますしね.

まとめると,主に閲覧するだけの用途(情報の消費者,ライトユーザ)ではスマホが普及し,
それ以外の用途(情報の生産者,ヘビーユーザ)ではパソコンが主役であり続けるっていうのが私の見解ですかねぇ…….
すごく長くなりましたね……….

5: 青城光 2011年12月24日(土) 午前6時09分

電脳化! 最近また1期を見ました。2期も見ましょうかね。攻殻ですよ、ええ。

6: Hirayama Hirosugu 2011年12月25日(日) 午後10時11分

攻殻は何度見ても飽きませんよね.良作だとおもいます.


名前:  非公開コメント