ようこそゲストさん

小さなそして広がっていく世界

メッセージ欄

分類 【旅行】 で検索

一覧で表示する

2015/01/14(水) おいしそうな魚

2015/01/13 24:09 旅行
水族館の記事1.
1日・2日とアクアマリンふくしま,アクアワールド大洗へ行ってきました.
最初に,おいしそうな海洋生物を載せていきます.

_IGP4842.JPG
イワシ(大洗).たぶん今回ではベストショットです.
お刺身でも,焼いても,缶詰でもおいしくいただける素晴らしい魚です.

_IGP4781.JPG
サヨリ(ふくしま).お刺身…….

_IGP4786.JPG
イカ(ふくしま).これも刺身ですかね.

_IGP4739.JPG
キハダ(マグロ.ふくしま).これも刺身ですね.

_IGP4796.JPG
このカニは食べられる?(ふくしま)

2014/10/12(日) 北陸旅行 2014 その5(帰路)

2014/10/20 22:19 旅行
_IGP4490.JPG
金沢東ICから北陸自動車道へ.

_IGP4491.JPG
富山に入り小矢部SAで休憩+鱒寿司を購入しました.

_IGP4503.JPG

_IGP4505.JPG
行きも気になっていたのですが,来年開業の北陸新幹線の施設が目につきます.
写真は黒部宇奈月温泉駅.こういう構造の建物好きです.

_IGP4511.JPG _IGP4514.JPG
親不知,子不知という地名があるらしい.今回初めて知りました.

_IGP4516.JPG
これもたぶん新幹線の高架でしょう.

_IGP4528.JPG _IGP4532.JPG
米山SAより.

_IGP4526.JPG _IGP4534.JPG
雲がきれいでした.飛行機雲ではなく,飛行機が通った場所に雲がないパターン.飛行機も撮れたら良かったのですが,場所とタイミングの関係でダメでした.

_IGP4538.JPG
予想だにしなかったシャア専用オーリスとの遭遇.すごいシャアだ.

この後は日没で写真がありませんが,渋滞に少し巻き込まれながらもつつがなく自宅までたどり着けました.

今回の旅行もかなり行き当たりばったりで下調べをしないまま出掛けてしまいました.
今度はもう少しよく調べて臨みたいと(毎回)思います.

1: K-shin 『北陸の仕事を担当しているので、昨年から何度も金沢、富山、新潟に行っていて、 北陸道も通ってるので、見覚えのある写真が何枚かありま...』 (2014/11/05 24:40)

2: Hirosugu Hirayama 『ありがとうございます.写真ばかり多い記事ですみません……. 近くにあっても行けないこともありますよね. 紅葉は終わってしまったか...』 (2014/11/07 21:50)

2014/10/12(日) 北陸旅行 2014 その4(金沢城公園)

2014/10/20 21:56 旅行
金沢城公園へ向かいました.様々な年代・工法の石垣が見所らしいです.

_IGP4405.JPG

_IGP4409.JPG
石川門前.橋が工事中.

_IGP4413.JPG _IGP4420.JPG
中を見学できました.

_IGP4422.JPG
石垣に文字や印が彫ってある.昔の人が誰が石垣を積み上げたかを示しているようです.

_IGP4417.JPG
五十間長屋.

_IGP4426.JPG _IGP4425.JPG
最も古い工法らしい石垣.いわれてみると確かにそうみたいです.

_IGP4428.JPG
別の石垣.角は切り出し形を整えた材が使われていますね.

_IGP4434.JPG

_IGP4435.JPG

_IGP4439.JPG
手前と奥では銅板や瓦(金沢城は鉛製らしい)の色が異なります.手前が新しく奥が年数が経っているものです.

_IGP4442.JPG
復元中の建物についてかなり詳細なパネルが数枚展示されていました.こういう情報は個人的に貴重です.

_IGP4447.JPG _IGP4448.JPG

_IGP4449.JPG
凝灰岩の一種(恐らく産地の関係から日華石という名前の石材)の薄板材が打ち付けられています.耐火性確保のためでしょう.

_IGP4451.JPG
内部(2階).広いが昔の建物なので天井が低い.

_IGP4466.JPG _IGP4467.JPG
三十間長屋.広角レンズが欲しかったです.この後,いもり坂口という方向へ出ていきました.

_IGP4471.JPG
城壁を降りきった所で,石垣のつなぎ目がありました.こういう所でも歴史を感じる.

園内の道沿いに,石垣の構造の解説がありました.
_IGP4472.JPG _IGP4474.JPG
切石積み.

_IGP4477.JPG _IGP4475.JPG
粗加工石積み.

_IGP4479.JPG _IGP4480.JPG
左の写真のような石を人力で右のように加工するとは…….恐ろしいまでの労力です.

_IGP4488.JPG
石川四高記念館の近くを通り過ぎて,駐車場へ戻りました.

2014/10/12(日) 北陸旅行 2014 その3(兼六園まで)

2014/10/19 24:11 旅行
_IGP4289.JPG _IGP4291.JPG
車中泊した道の駅こまつ木場潟を2日目朝に撮影.相変わらず天気に恵まれました.

_IGP4297.JPG
国道8号線を辿り金沢へ向かいます.

_IGP4309.JPG
金沢市内.

_IGP4316.JPG _IGP4313.JPG
兼六園・金沢城公園付近にて.見所(双眼鏡マークのアイコン)あり過ぎです!

_IGP4321.JPG
ちょうど,看板のイベントに遭遇してしまって交通規制・渋滞.駐車場探しに手間取りました.

_IGP4331.JPG
車を駐めて兼六園へ向かう途中.写真は金沢城の石垣です.

_IMP3157.JPG
真弓坂から兼六園内へ入りました.

_IMP3159.JPG
兼六園の案内図.

_IGP4335.JPG
真弓坂近くの時雨亭という建物.

_IGP4339.JPG
休めるようになっているが,これはいつからあるんでしょう.割と最近なのでしょうか.

_IGP4341.JPG _IGP4342.JPG
成巽閣近く(正面)に古そうな井戸があって気になりました.

_IGP4350.JPG
成巽閣には入らずにその横にあった伝統産業工芸館(公式ウェブサイトリンク)という場所に入ってみました.
漆器や友禅など石川の伝統工芸36業種の展示がありました.
やはり伝統工芸品はその品質,かかる手間,技術の継承がなされている等,いろいろすごい.

_IGP4359.JPG
館内の階段にありました.松平定信筆らしいです.

_IGP4362.JPG

_IGP4374.JPG
外国の人が放送用のカメラを使っていました.

_IGP4382.JPG

_IGP4385.JPG
中央には徽軫灯籠(ことじとうろう)という(上にあった道路標識のシンボルにもなっていた)有名な灯籠が一応写ってます.
人が途切れなかったり,うっかり撮るのを忘れていたりで近くでの写真はありません.

_IGP4389.JPG

_IGP4398.JPG

_IGP4390.JPG

_IGP4403.JPG
日本最古とされる噴水.ここよりも上にある池との水圧差で水が噴き出しているそうです.

_IGP4408.JPG
急ぎ足で兼六園を抜け,桂坂口近くの茶店通り.お土産+昼食を取った後,金沢城公園へ向かいました.

2014/10/11(土) 北陸旅行 2014 その1(東尋坊)

2014/10/17 24:21 旅行
体育の日の連休に北陸へ旅行に行ってきました.
台風19号の影響を受けるのではないかと不安でしたが,天気には恵まれた旅行でした.
1日目は福井県の景勝地,東尋坊を目指しました.

_IGP4100.JPG
往路の上信越自動車道上から.正面の山は妙高山だと思われます.

_IGP4105.JPG
黒姫山だと思われますが,自信がないです.

_IGP4129.JPG _IGP4148.JPG
北陸道,黒部川付近.

_IGP4163.JPG
富山県内,高岡パーキングエリアで休憩.

_IGP4170.JPG
徳光パーキングエリアにて昼食.

_IGP4186.JPG
加賀インターチェンジで一般道に出て,国道305号線を通り東尋坊へ向かいました.
初めて通る道で,栃木で普段通っている道と比べると狭くカーブが多かったので,なかなか印象深かったです.

_IGP4194.JPG _IGP4195.JPG
程なく東尋坊へ到着.20世紀臭が漂うお土産通りを抜けると海が見えてきました.

_IGP4196.JPG
良い眺めです.

_IGP4202.JPG
流石観光地.たくさんの人が岩場の上にいます.柵とかは一切ないので,危険といえば危険です.

_IGP4205.JPG
柱状節理は必ずしも(たいてい?)鉛直方向に伸びていません.やはりある程度,隆起や沈降を経て今の状態になっているのでしょう.

_IGP4210.JPG

_IGP4219.JPG

_IGP4225.JPG

_IGP4232.JPG
少なくとも,この日は観光客が多いのは一部だけ.少し場所が変わるとほとんど人がいなくなりました.
写真の岩はローソク岩という名前がついているようです.

_IGP4241.JPG
人のいない岩場に波が打ち付ける.

_IGP4252.JPG
人がまばらな場所でも,海面近くまで降りられるように階段が整備されていました.
しかも複数箇所.時間の関係で全ての場所は行けず.

東尋坊はこれにて終了.待て次回.