ようこそゲストさん

小さなそして広がっていく世界

2014/11/16(日) 自転車部品交換 ARAYA CX 2010 Kai

2014/11/16 24:34 自転車
普段使っている自転車の部品を交換しました.
買ったときから使っていたハンドルグリップの劣化が著しかったことが今回のきっかけです.
グリップだけではなく,かねてから取り替えたいと考えていた部品も交換することにしました.
具体的に変更・追加した箇所は次の通りです.
  • ハンドルバーをフラットバーから日東B261AA(ブルホーンバーに近い形状)へ変更
  • フロントキャリアを追加
  • サドルをおしりに優しいものへ変更
  • 変速レバーをダブルレバーへ変更
  • ブレーキレバーをシフター一体型からブレーキレバーのみのものへ交換
  • 整備中のトラブルによりVブレーキをDeore系へ変更
  • 部品変更に伴いシフトケーブル・ブレーキケーブルを全て交換
これらの工程を,各部品の汚れを取ったり,キズ等を補修したりしながら進めました.
結果的に休日のかなりの時間を自転車の作業にとられることになりました.

_IMP3297.JPG
作業開始前(土曜日)のARAYA CX.グリップの他にも,サドル,シフトレバー,
調整不足による変速の不調(フロントディレイラーがアウターに入らない)などたくさん問題ありな状態でした.

_IMP3351.JPG
作業完了後(日曜日夕方).ハンドルとサドルの色が変わったことが一番目を引く感じでしょうか.
シフトレバーが移動したため,ハンドル付近が非常にすっきりしていますし,
フロントキャリアとダブルレバーがピカピカでカッコイイですよね!

ただ,人によってはどこが変わったんだって思われるかもしれません…….


以降は作業・部品のメモです.興味のある方は引き続きご覧ください.

サドル

サドルはビーム スプリングコンフォートサドル ブラウンというものです.
スポーツ車に取り付けられる形状で,かつ大きなスプリングを持ち,乗り心地が良さそうということで購入しました.

_IMP3300.JPG _IMP3301.JPG
スプリングは大きいものの,サドル自体はそこまで大きくないので,スポーツ車に取り付けてもそこまで不格好ではない…かな……….
このサドルの取り付けは非常にスムーズに終わりました.

フロントキャリア追加とブレーキ交換

フロントキャリアは日東のM12というキャリアです.取り付け時にアクシデントがありました(後述).

_IMP3352.JPG
取り付け後の写真.耐荷重は5kg.キャリア自体はかなり軽量で仕上げがきれいです.流石メイドインジャパン!

_IMP3350.JPG
同じく取り付け後の写真.このキャリアはフロントフォークの中央にあるダボ穴とカンチ台座(カンチボルト)を利用して固定する構造です.
作業は簡単のはずだったんですが,いざ作業を始めて見ると,本来外れてはいけないカンチ台座が取れてしまいまして…….

_IMP3338.JPG
ブレーキを固定しているM6のネジを回したら,根本のM8のネジ(カンチボルト)ごと抜けてしまいました.
しかも抜けてしまったカンチボルトとブレーキを固定しているM6のボルトは噛んでしまっていくら回そうとしても回りませんでした……*1

_IMP3339.JPG
本来はこの写真のようになるべきでした.

換えの部品がないとどうしようもない状態に陥ったため,急遽Amazonでカンチボルトを注文しました
お急ぎ便で,土曜日夕方発注で日曜日の午前中に届きました.こういうときAmazonってすごいですね.

_IMP3340.JPG
チタン製.やたら高いが,タイムイズマネーなので,この際仕方ないこととします.

_IMP3342.JPG
ダメになった箇所だけ交換しました.細かい形状は異なるものの,規格品のようで必要な部位の寸法は同一のようです.

_IMP3343.JPG
結局,今まで使っていたブレーキは使用不能になったので,代わりを買いました(せっかくなので前後同時に購入です.).
これまではBR-M422というグレード低めの部品でしたので,性能はアップしました.

部品を交換したらキャリアはすんなり装着できました…….

_IMP3344.JPG
ちなみにリアのカンチ台座はこんな感じでした.リアはフレーム一体でまさに台座ですね.

*1 : 取れなくなった部品をモンキーやスパナで回せるように加工したり,万力で固定したりしながら,必死に数時間悪戦苦闘したんですが無念です………….

ダブルレバー取り付けとシフトケーブル交換

ダブルレバーはダイヤコンペのものです.

_IMP3319.JPG
このレバーはシマノ推奨のインデックスシステム採用ではなく,ラチェット機構で無段階にシフトケーブルを引っ張る構造です.
そのため,調整が簡単で様々なディレイラーにこれ一つで対応可能という魅力的な仕様です.ただし,迅速な変速はできません.

_IMP3321.JPG _IMP3322.JPG
この自転車のフレームにはダブルレバー台座なるものが標準で付いています.
これまではシフトケーブルのマウンタで隠されていました.

_IMP3334.JPG
これを外すとこんなものが現れます.この形状も規格があるのか,ダイヤコンペのレバーにぴったり合います.
ちなみにフレームにこの台座がなくても,後付けする部品は売っているらしいので大抵の自転車にダブルレバーはつけられると思います.

_IMP3353.JPG
インデックスの調整をせずに済む+ハンドルにレバーを取り付けるより短い分,シフトケーブルの取り付けは簡単です.
私は結構手間取りましたが…….

ハンドルバーとブレーキレバー・ケーブル交換

ハンドルバーは日東B261AAです.
このバーの存在は染谷翔の自転車世界一周ワロスwというサイトを閲覧していて知りました.

_IMP3348.JPG
フラットバーでしばらく使ってきましたが,やはり長時間乗ると疲れます.
ドロップバーはドロップバーで操作性が少し悪そうです.
そこで半々くらいの形状ということでこのハンドルバーにした次第です.

_IMP3305.JPG
バーテープをあわせて購入したのですが,ハンドルの端に取り付けるキャップが付属品ではB261 AAには嵌りません.
B261 AAが一般的なバーよりも内径が小さいからなのでしょう.
よって,写真のようなキャップ部品を急遽自作しました.
クルミ材をプラス公差で加工し,ヤスリで削りながらバーにきつめに入るサイズにしました.

自作部品をつけた後,バーテープを巻いてみたものの,端的にいうと失敗しました.
特に巻き終わりの処理が雑でもう…….なのでアップの写真は今回は載せません.

ブレーキレバーはダイアコンペ DC135というものに交換しました.
これの交換は楽でしたが,問題はブレーキケーブルの交換でした.
毎回Vブレーキの調整が苦手なのですが,今日もすごく手間取ってしまい時間がかかりました…….

もう少し手際よくできないものか……….

試乗

一通り作業が終わった後,夕暮れの町を少しだけ走ってきました.

交換したサドルの乗り心地は素晴らしく,多少の段差があってもおしりに衝撃が伝わらないし,
それなりに力を入れてこぐこともできるという満足な性能でした.

変速レバーについて,位置の変更直後であるため,どうしても不慣れ・違和感はあるものの,
変速自体は難なくこなせました.

B261 AAとバーテープの組み合わせもかなり良いです.
バーテープは割と厚めで断熱性が高いらしく握っていて温かかったです.
走行時の手のポジションも増え,満足です.

時間を見て,より良い状態へ自転車を整備していきたいと思います.

名前:  非公開コメント