ようこそゲストさん

小さなそして広がっていく世界

メッセージ欄

2013年8月の日記

一覧で表示する

2013/08/24(土) Flyable Zero

2013/09/15 25:41 未分類

Flyable Zero

IMGP7218.JPG
2013年現在,世界で唯一,栄二一型エンジン(オリジナルのエンジン)で飛行可能なゼロ戦(零式艦上戦闘機)を見に行ってきました!
飛行可能な機体は完全なレプリカ等を含めて数機ある模様です.
場所は所沢航空発祥記念館.アメリカの博物館が所蔵する機体が日本に一時里帰りしています(いました.8月31日までで展示終了.その後返却).

例によって写真をたくさん載せておきましょう.

IMGP7225.JPG
水平尾翼のすぐ前にあるマーキング.昔の字体は好みです.
製造番号は墜落・鹵獲時に製造数を悟られないため,
実際の製造数ではなくある規則で決められているみたいです.
この復元された(あるいは維持されている)マーキングの通り,所属等も記載していなかったようです.
なお,星マークは特に意味はありません.
撃墜数とかそういうのではなく,単なる雰囲気を出すペイント的な感じのもののようです.

IMGP7229.JPG
尾翼付近.尾翼の番号の命名規則は良くわからないですが,
その機を識別するための番号であることは間違いないでしょう.
ネットの情報によると,この機体の場合,第二六一海軍航空隊の120号機という意味らしいです.

IMGP7231.JPG
今回の展示では,機体下部の構造を鏡(単なる金属板?)で見られるように配慮されていました.
この機体にはアレスティング・フック(空母に着艦する際に使用するフック)が装着されていないようです.
また,この写真で見える尾輪(車輪)は飛行時には機体に収納されます.

IMGP7263.JPG
拡大すると表示を読めます.

IMGP7240.JPG
下に展示されているのがゼロ戦に搭載されていた20mm機関砲です.
この機関砲は主翼に取り付けられています.写真中央の主脚の上から飛び出ている筒がそう.

IMGP7241.JPG
ゼロ戦は日本の艦上戦闘機で初めて引き込み式の主脚を装備した飛行機でした
(攻撃機も含めると先に九七式艦上攻撃機が装備している).

IMGP7269.JPG

IMGP7268.JPG

IMGP7246.JPG
主脚に注意書きが書いてあります.拡大すれば読めます.
漢字とカタカナ交じりの文章,良いですね!

IMGP7250.JPG
機首から.

IMGP7281.JPG
エンジン付近.エンジンの後ろからニョキニョキと何本も出ている排気管
(推力式単排気管)が零戦五二型以降の特徴だそうです.
これよりも前の型式の零戦は排気を左右1つずつの排気管にまとめていたようです(集合排気管).
また,機首上部の穴は機銃(7.7mmまたは13mm機関銃)の穴です.

IMGP7224.JPG
栄は14気筒星形エンジンらしいので,1~2気筒を1つの排気管で排気しているようです
(見えない排気管があって気筒と排気管の数が1対1の可能性がある)詳しくはお調べください.

IMGP7272.JPG
カウル.他の写真からもわかりますが,
沈頭鋲(頭が平らな形状のリベット)が採用されていることがわかります.

IMGP7293.JPG
主翼機銃付近を上から.

IMGP7227.JPG
機体のいたる所にマーキングされている英語を見ると考えさせられます.
太平洋戦争当時はこの辺がたぶんカタカナ表示だったのでは?
ただ,日本に保管された場合高い確率で二度と飛行が不可能になりますので(四式戦闘機で不名誉な実績が……),逆にアメリカに渡った方が良かったともいえます.

IMGP7228.JPG

IMGP7288.JPG

IMGP7289.JPG

IMGP7284.JPG
13mm機関砲(写真中央)および20mm機関砲.

IMGP7273.JPG

IMGP7280.JPG

IMGP7291.JPG

IMGP7294.JPG

IMGP7296.JPG
オイル受けが置いてあります.

IMGP7297.JPG
機体の下部.

IMGP7301.JPG
風防.

IMGP7312.JPG
撮影可能な最も高い位置から.

T-1ジェット練習機

IMGP7328.JPG
他にも多くの飛行機が展示されていましたが,私の目を引いたのはこの機体.
戦後初の国産量産飛行機のT-1(の国産エンジン搭載型であるT-1B).自衛隊機です.

IMGP7330.JPG
マーキングがすべて日本語です.流石国産です.

IMGP7342.JPG
搭載されていた,戦後初の純国産ジェットエンジン.

IMGP7344.JPG
機体の後部.

IMGP7346.JPG
エンジンはさっきの写真のように取り外されているので
中身が空っぽという不思議な状態でした.

IMGP7351.JPG
中の構造が良くわかります.

1: 青城光 『未だ現役で飛行するというのは驚きです。』 (2013/10/03 11:34)

2: Hirosugu Hirayama 『すみません.遅くなりました. 半世紀以上経っても動かせるというのはひとえに管理している人たちの努力のたまものですね. ただ,流石...』 (2013/10/11 24:00)

2013/08/13(火) 2013年夏旅行6 帰路その他

2013/09/15 21:50 未分類
IMGP7015.JPG

IMGP7016.JPG
新鋭の近鉄50000系電車「しまかぜ」に遭遇.2013年3月から運用開始の車両です.何だか駆逐艦護衛艦みたいな名前.車体は流線型でカッコイイです.

IMGP7026.JPG
パールロードという道を途中まで行ったのですが,引き返しました.

IMGP7031.JPG

IMGP7033.JPG
キハ11系電車.伊勢自動車道を通ったものの,途中渋滞があり,一般道を一部通りました.
その際に紀勢本線にて撮影.

IMGP7052.JPG
伊勢湾岸自動車道を通過.全線高架で片側三車線道路.
巨大な斜張橋(写真のような構造の橋のこと)も含め圧倒されました.

IMGP7055.JPG

IMGP7067.JPG

IMGP7077.JPG

IMGP7119.JPG
新東名高速道路を初めて通りました.

IMGP7140.JPG

IMGP7143.JPG

IMGP7150.JPG
直線性が高く,高速走行しやすい路線.慣れた人だと眠くなるかもしれません.
開通して時間が経っていないため,綺麗な状態であったこと,
直線性を高めるためにトンネル等を多用した構造だったことなど,
素直に日本てすごいなと思いました.

この後は東名高速に合流し,
首都高を経由して東北自動車道に入って栃木まで戻りました.
休憩はとったものの,午後から24時過ぎまでずっと運転で疲れました.

今回が自分で運転して長距離を走った初めての自動車旅行でした.
その点できわめて新鮮でした.
また,私は西日本(というか関東よりも西)にはほとんど行ったことがなかったので,その点でも有意義な旅行だったと思います.

今回の記事は日付は8月13日ですが,実際にアップロードしたのは9月15日.
編集にも時間がかかってしまいました.
もう少しスピーディーにアップロードできると良かったと思います.
一応,日記ですし.次はもう少し改善したいと思います.

メモ 三重県で見かけて珍しいと感じたもの

地域限定のように感じられた事物をメモしておきます.
違っていたら教えてください.

半セルフのガソリンスタンド

栃木では遭遇したことがなかったタイプのガソリンスタンドです.
半セルフとは何なのか,と思ったのですが,
給油のみで,窓ふき等の他のサービスをスタンドで行わないことをさすようです.

交差点前の警告灯

IMGP6787.JPG
これ.栃木県内では見かけない形状.
予告信号機が設置されている場合が多い気がします.

LED採用信号機の特殊型

IMGP7010.JPG
三重県内で時折みかけた形状.何だか近未来的でカッコイイ.

2013/08/13(火) 2013年夏旅行5 伊勢神宮・内宮とおはらい町

2013/09/15 21:49 未分類
伊勢神宮の内宮へ.時間は8時頃ですが,すでに駐車場は満車状態でした.辛うじて駐車できました.

IMGP6879.JPG
駐車場から内宮へ向かう途中の道路をくぐる地下道.左右に屏風が配置されて良い雰囲気があります.

内宮までにはおはらい町という門前町があります.伝統的な町並みを1980~1990年代にかけて再生したものだそうです.

IMGP6885.JPG

IMGP0714.JPG
郵便局.看板が横書きで右から読むのがいいですね.

IMGP0715.JPG
利休饅頭

IMGP0716.JPG
銀行.郵便局とこの銀行はこの建物で自動ドア装備.
古いものと新しいものの共存は個人的にポイント高いです.

IMGP6890.JPG
赤福本店.お店の人が看板をもってうろうろしていました.
ちなみに写真右側も赤福の店舗です.看板の赤福氷というものを売っているらしいですが,現物は混んでいてよく見ることは出来ませんでした.

IMGP0718.JPG
正面から.

IMGP6894.JPG
何とファミリーマートもこの外観です.私の他にも写真撮ってる人がいました.

IMGP6897.JPG
ようやく内宮の入り口.外宮と同様,配置図のリンクを貼っておきます

IMGP6901.JPG
伊勢神宮仕様の荷車を見つけました.

IMGP6980.JPG
IMGP6906.JPG IMGP6909.JPG
灯籠には白木だけ,白木+銅葺屋根,白木+銅葺屋根+石柱の3タイプがあるみたいです.外宮は白木だけで銅葺きがあるものは見かけなかった気がします.
何か意味があるんでしょうかね.

IMGP6911.JPG

IMGP6919.JPG

IMGP6926.JPG
五十鈴川(いすずがわ)のほとり.ここで心身を清めるそうです.

IMGP6938.JPG
神楽殿.

IMGP6939.JPG
工事中の建物もありました.忌火屋殿(いみびやでん)だと思われます.

IMGP6942.JPG
外宮同様,境内の木々は高く太い木ばかりです.

IMGP6946.JPG

IMGP6954.JPG
新旧の御贄調舎(みにえちょうしゃ).お供えするアワビを調理する建物らしいです.何だか具体的…….

IMGP6949.JPG
10月から使われ始める新しい正宮.

IMGP6959.JPG
現在使われている正宮.

IMGP6965.JPG
下幣殿(げへいでん).たぶん.

IMGP6969.JPG
新旧の正宮の裏手です.

IMGP6970.JPG
画面奥の荒祭宮(あらまつりのみや)まで長蛇の列.
正宮のお参りは同時に5列程度だったのでスムーズですが,こちらの宮は同時に1組しかお参りできないようで混んでいました.

IMGP6973.JPG
よって荒祭宮はお参りせず.
神様はお参りしないからといって目くじらは立てないはずです.

IMGP6978.JPG
風日祈宮(かざひのみのみや).これでお宮はコンプリートしました.

IMGP6979.JPG
御厩(みうまや).

IMGP6981.JPG
風に日の丸がなびいていました.

IMGP6984.JPG
帰路の宇治橋前の鳥居.

IMGP6986.JPG
宇治橋.雨が少ないせいか,橋の付近の五十鈴川は干上がっていました.
流れていると良かったんですが…….

IMGP6991.JPG
帰路のおはらい町.往路に比べると人が増えてきました.

IMGP6992.JPG
赤福本店にて赤福餅をいただいてきました.
店内は川からの風が涼しくて快適.サービスも好印象でした.

IMGP6994.JPG

IMGP6996.JPG
おかげ横町というところを通って来ました.
ここは赤福系列が運営しているそうです.こういうものを民間(の和菓子屋)で整備できてしまうのがすごいですね.

IMGP7000.JPG
フグの提灯(?)が可愛かったので撮ってしまいました.

さて,伊勢神宮関連はこれで終わりました.基本的に後は帰るだけです.
記事は後1つで足りるはず.

2013/08/13(火) 2013年夏旅行4 伊勢神宮・外宮まで

2013/09/08 24:44 未分類
IMGP6806.JPG
朝の道の駅茶倉駅.山の中にあったので,日の出直後の気温は割と下がっていました.

IMGP6801.JPG IMGP6803.JPG
高台から.お茶畑が広がっていました.

IMGP6828.JPG
伊勢神宮へ移動中,参宮線で見かけたキハ48系.烏山線の40系1000番台と色違い(細部は違うはずですが).

伊勢神宮は外宮(げくう)と内宮(ないくう)の2つに分かれています.4キロくらい離れている.
最初に行ったのは外宮.7時前に駐車場に着きましたが,すでに様々なナンバーの車がたくさん駐まっていたのでした.

伊勢神宮のウェブサイトに外宮の案内図があったのでリンクを貼っておきます(リンク先はなくなっているか,内容が変わっているかもしれません.特に新しいものに差し替えられる可能性は高いでしょう.).
北御門口(きたみがどぐち)から境内へ入っていきました.

IMGP6839.JPG
この写真は九丈殿(くじょうでん)付近です.

IMGP6843.JPG
現在の正宮(しょうぐう).

IMGP6844.JPG
すごく木が高く大きいです.

IMGP6849.JPG
新しい正宮.今年の10月からこちらが使われるそうです.

IMGP6850.JPG IMGP6851.JPG
見える範囲を望遠で.

IMGP6856.JPG
新旧の建物の比較.現在のものは完成から20年あまり経っているそうです.
こんなに色が変わってしまうものなのですね.

IMGP6861.JPG
多賀宮(たかのみや)へ行く途中の石段.

IMGP6860.JPG
多賀宮.

IMGP6863.JPG
土宮(つちのみや).

IMGP6864.JPG
風宮(かぜのみや).
それぞれの別宮(べつぐう)も一定周期で立て替えるための用地が隣に確保されています.

IMGP6868.JPG
表参道第二鳥居.朝の木漏れ日は気持ちよいです.

IMGP6869.JPG IMGP6871.JPG
表参道第一鳥居.よく晴れていました.鳥居も大きかったですが,周りの木もやはり大きかった.

IMGP6875.JPG
表参道の入り口にはたくさんの幟がありました.

これで外宮の記事は終わり.次は内宮です.
にしても,記事の更新ペースが遅い….一月掛かってますよ…….
このままだと三重の記事が終わるのに1ヶ月以上掛かりますよ.
八月は三重以外にも別日程で近場へ出かけています.そちらも早く記事作成しなければ……….

2013/08/12(月) 2013年夏旅行3 長野から三重まで

2013/08/15 24:30 未分類
長野自動車道から,岡谷JCTで中央自動車道へ.
IMGP6758.JPG
トンネル多し.

屏風山PAで休憩してから,
小牧JCTで東名高速→小牧IC→名古屋高速11号小牧線→楠JCT→名古屋第二環状自動車道→
名古屋西JCT→東名阪自動車道→,という経路で長島ICまでやってきました.
本当はこの先も東名阪自動車道だったのですが,この長島ICの先で事故渋滞が起こっていたためここで降りました.

IMGP6764.JPG
国道1号線なんて栃木県民は滅多に通りません.4号線は毎日のように通りますが…….

IMGP6766.JPG
国道1号線の長良川・揖斐川を渡る橋の上.割と古い橋のようです.

IMGP6771.JPG IMGP6772.JPG
国道23号線にて,四日市市を通過.

IMGP6779.JPG
休憩地点,道の駅関宿(亀山市).「せきやど」ではなく「せきじゅく」だった…….
古い町並みがあるらしく,時間があれば回ってみたかったですが,叶いませんでした.

IMGP6785.JPG IMGP6786.JPG
サークルKがこの辺りは強いらしい.
ちなみに私はサークルKの存在すら知りませんでした…….弟にいわれなかったら,まるけー?何それ状態だった…….
だって,家の近くはサークルKではなくサンクスですもの.

IMGP6784.JPG IMGP6792.JPG
津を通りました.すごい広い道がある!宇都宮よりも都会かもしれない(それはそうか……).

最終的にたどり着いたのが,道の駅茶倉駅.ここで車中泊をしました.
山の中なので多少はマシだったのですが,暑い.大変暑い.なかなか寝付けませんでした.
夏場の車中泊はすべきでないということを身をもって知りました.

あまり寄り道もせずに,三重まで来たのは,翌日早くに伊勢神宮に向かうためでした.
次の記事で,伊勢神宮の外宮(げくう),内宮(ないくう)関連の写真を載せたいと思います.

1: 青城光 『車内泊とは勇敢すぎる!!!』 (2013/09/08 13:37)

2: Hirosugu Hirayama 『無謀でした…….次に夏場出かけるときは,素直にビジネスホテルかより高所にテントでも張って泊まりたいと思います.』 (2013/09/08 24:33)