2021/03/11(木)十年一昔といいますが

Hirosugu Hirayama
十年一昔といいますが,東日本大震災のことはつい最近のことのように覚えている部分もあります.
当時それまで経験したことのない長さ・強さの本震の中,研究室で装置と棚を必死に支えていました(※よい子はマネしないでください).

ふと,10年前の日記が残っていないか探してみました.すると,このブログ以外にありました.
当時,大学から地元へ戻るにあたって,自宅サーバは引っ越し中で,
唯一使えたのが,契約しているプロバイダの個人用ウェブページでした.
リンクを貼っておきます
当時の私の行動や考え方が垣間見えます.それにすっかり忘れていることが多い(やはり10年前か……).
日記ってやはり書いておくとよいですね.



震災から10年.私にとっては社会人になってからの年数にほぼ等しいものです.

10年経って自分はよい方向に変われたかというと,決してそうだとはいえない自分がいます.
まだ,10年前にやりたかったことは実現できていないし,人付き合いもすごく減ってしまった.
仕事が忙しいとか,つらいとか,心が折れてしまったとか,言い訳はたくさん浮かびますが,
もう少しよい方向に持って行けたのではないかと後悔が拭いきれません.

さて,次の10年はどんな10年になるのか.
きっと,凡人には想像もつかないことが起こるのでしょう.
ただ,何が起こっても,
後悔が減るように,少しでもよい方向へ進めるように,
そのときの最善をつくせるように努力したいと思います.

顧みて,強く思いました.