ようこそゲストさん

小さなそして広がっていく世界

2011/02/25(金) 北極星を探して

2011/02/24 26:31 未分類

またヒシャク星

星に詳しくないので,やはり見やすい星座を撮るわけです.
今日は前回よりも長い時間バルブ撮影をしてみることにしました.10分シャッター開いてます.
IMGP0954.JPG

同じ場所から.今度は何を撮っているかといえば北極星を狙ったんですけど木に隠れています.こちらは5分.
IMGP0955.JPG

北極星を探して

場所を変え,バルブ撮影で北極星を探しました.下記の通り640秒開いてます.
ちなみにノイズリダクションは掛けてません.
それでもISO200だとこれだけよく写るんですね.感動です!
軌跡が途切れ途切れになっているのは,雲が横切っていったというのと,風の影響と思われます.
IMGP0965.JPG

Screenshot-IMGP0965JPG のプロパティ.png

1: 青城光 2011年02月25日(金) 午後0時36分

2枚目の写真の右側がぼうっとして明るいのは、弱い照明でも長い時間フレームに収めると明るくなるからでしょうか?
それにしても、こうやって長い時間シャッターを開いているっていうのはハイスピードカメラの逆をやっているわけですよね。ならハイスピードカメラはどれだけ光量が必要なのかっていう・・・

2: Hirayama Hirosugu 2011年02月25日(金) 午後11時40分

そうですね.街灯がその方向にあるのでその明かりが,積算されて写っています.この手の写真はISO感度を下げて写しています.
恐らくですが,デジタル式のハイスピードカメラと普通の一眼レフのセンサーはそこまで性能差はありません.
必要な光量はそんなに変わらないでしょう(若干多いと思いますが).
センサーの感度よりも,記録媒体の他に,高速書き込みを行うためにキャッシュ用のメモリを相当確保しているのが違いでしょうね.


名前:  非公開コメント