ようこそゲストさん

小さなそして広がっていく世界

2011/06/11(土) 最近のDebian

2011/06/12 10:21 未分類

最近のDebian

知人がインストールされたそうです.

知り合いの方の日記で,Linuxを入れてみたという記事があって,私のことをご紹介くださいました.
私がちょっと薦めてしまったから,Debianまでインストールを試していただいたようでもうしわけないです.
(ネットでは引き籠もりなので,自分の日記に関連記事を書きます.)
昔(Debian 5.0)のインストールは,このページのように行いました*1
とりあえず,Debianのインストールは無駄に詳しいインストールガイドを見て進めるのが一番です.必要な箇所だけ読むのがいいと思われます.

結局,私はDebian教?

私がDebianを使っているのは,いろいろあります*2が,
一番が慣れてしまったということに他ならないでしょう.

知り合いの方が最初に入れたというUbuntuの方がインストールや設定も含めて簡単なのは事実です.
その実,Windowsになれてきた人がなるべく簡単に扱えるように,
というコンセプトで開発が行われているはずだからです.
割合フリー云々というよりは,ユーザの利便性を考えて
最初からライセンスがノンフリーなプログラムとかも入れてますし.

Debianはそれに比べると,フリー・オープンであることが優先に考えられているので,
初期状態では若干不便ではあります.今の私はDebian教なのかもしれないです.

現在のDebian

こんな状態です.
Screenshot-110612.png
CPU : Core2 Quad Q8400 2.66GHz
MB : ASUS P5KPL-AM EPU
Memory : 2GB
Chipset : IntelG31+ICH7
HDD : SATA II 500GB×1(システム用)
            SATA II 2TB×2(データ保管用1,2.rsyncによりミラーリング.)
            SATA II 1TB×1(一時ファイルや別PCのバックアップデータ)
Sound Card : ONKYO SE-200PCI
SATA Card : SATA3I2-PCIe
CD drive : LG Electronics DVDRAM GSA-H62N
OS : Debian GNU/Linux 6.0.1 squeeze
kernel : 2.6.32-5-amd64

*1 : 改めて見直すと読みづらい…….

*2 : 過去私がDebianを使い始めた頃は,ユーザ数が多く安定しているDeb系ディストリビューションがDebianだけだったこと(今はUbuntuの方がユーザ数が多いのは間違いないです.).Ubuntuよりも枯れた(古く十分にバグがとられて安定した)プログラムが使われていること.OSのバージョンアップまでの期間が比較的長いこと(つまり比較的リスクの高いバージョンアップ操作の回数が少ない).メンテナンスがしっかりなされていること(ちなみにUbuntuもしっかりされています)rootユーザを使う流儀であること(Ubuntuはrootは使わない流儀.この流儀だとシステムの設定するときにめんどくさい),など.


名前:  非公開コメント   

2011/06/11(土) 再インストール

2011/06/10 24:19 未分類
再インストール,再インストール,この星の無数の塵のひとつだと……

一大決心をしてThinkPad X200のOSを入れ直しました.
電源入れてから安定するまで20分もかかるようになってましたし,
仕舞いにはHDDのアクセスランプつきっぱなしで
作業が全くできない状態に陥ったのでしょうがないですね.

再インストールした後は,電源投入から2~3分以内に
操作を受け付けるようになったのでよかったです.

だけど,完全に消えてしまったソフトが数多あるのが残念です….しょうがないか…….

これからも,基本的にノートPCはまじめな作業に使うつもりです.
大学では研究用に活躍しましたが,今度は仕事関連の勉強などで活躍することでしょう.
加えて,持ち運びやすいノートPCなので,天体観測にも使われるようになるでしょう.


天体観測といえばPentaxがおもしろい製品を出しました.

このリンク先の製品,O-GPS1は簡易赤道儀になるそうです.
カメラと三脚,O-GPS1だけで星の流れない天体写真が簡単に撮れる!
これは本格的な赤道儀を買う前に試すには良さそうですね.発売後のレビューを待とう….

名前:  非公開コメント