ようこそゲストさん

小さなそして広がっていく世界

2012/08/04(土) 外付けストロボ AF540FGZ

2012/08/04 22:21 未分類
いろいろ,理由をつけて買ってしまいました.
  • バウンス撮影(被写体に直接ではなく壁や天井にフラッシュを当ててその散乱光で撮る)って面白そう.
  • そういえばちょっと先に結婚式に呼ばれている気がする.
  • 室内で咲いている植物や小物を撮る機会は意外とあるかもしれない.
    • ○○の花が咲いているから撮っておいて欲しいといわれて撮る機会がある(by祖母.室内の場合たいてい廊下に置いてあったり夕方~夜に時間があったりすることが多い)
    • 小物を買ったがこの日記に写真をアップしたい.しかし内蔵ストロボだと微妙な写りだ.もう少しきれいに撮れないかしらということがままある.
  • 内蔵ストロボで撮っているとたまにケラレが出る.
AF540FGZはPENTAX純正のストロボでは最上位機種です.
今回買ってしまったのは,バウンス撮影がしやすそうだったのと,「意外と」値引きされていて安かったこと,
後から買い足すよりはこれを一台持っていた方がトータルの出費は減らせるのではないか,という思惑からです.

IMGP8836.JPG
K-30に取り付けた状態です.デカイの一言.
この大きさだとホットシューが壊れないか不安になります.ぶつけないように気をつけなければ.

IMGP1103.JPG
オマケでスタンドが付いています.

IMGP1100.JPG
背面.写真では点灯していませんが,液晶はバックライト装備です.

IMGP1041.JPG
バウンス撮影の試し撮り.フラッシュを真上に向けて撮影しています.
この場所は昼間でも暗く,今まではISO感度が6400以上になってざらついたり,
手ブレしたりと三脚を立てないと厳しい場所でした.天井から光が来ているので割と自然に移っていると思われます.

IMGP1117.JPG
このストロボはワイヤレス発光といって,カメラから取り外した状態でケーブルを接続することなく発光させることが可能です.
スペースの関係+わかりやすいようにストロボを近づけて試し撮りしています(本当は70cm以上離すようだ).
上の写真は内蔵ストロボがマスター発光の状態です.
マスター発光では内蔵ストロボも明るく光り,2つの光源から光が当たるような状態になります.

IMGP1118.JPG
こちらはコントローラー発光モード(K-30側で設定).
コントローラー発光では,内蔵ストロボが控えめに発光し,外付けストロボからだけ光が来ている状態に近づきます.
ワイヤレス発光では内蔵ストロボは消せません.内蔵ストロボの光で外付けストロボが同期をとっているためのようです.

IMGP1119.JPG
フラッシュ不使用.

IMGP1116.JPG
マスター発光時.

IMGP1115.JPG
コントローラー発光時.

今日の時点では,AF540FGZのマニュアル設定系をまだよく把握していない状態です.
今後ゆっくりと操作+テクニックを身につけていこうと思います.

1: K-Shin 2012年08月05日(日) 午前9時23分

バウンス撮影、面白いですな~。天井の反射で室内だと影のでき方も自然ですね。
こうなると個人的にはなんだか妙なところに反射させて面白い写真作りたくなります。
しかし、最近カメラを出す時間もあまりなくなってきてしまいました・・・。
仕事おぼえ終わるくらいから再始動すると思いますが・・・。
カメラ熱が下火な代りなのかなんなのか、スピーカー買ったりモニタをフルHDのデュアルにするとか
そういう方面に熱を注いでおります。

2: Hirayama Hirosugu 2012年08月05日(日) 午後4時10分

私の場合,仕事でもけっこう写真を撮る場合があるので,カメラ熱が下がらないというか何というか….
バウンス撮影も含め,光の当て方のスキルを向上できると面白いかなと考えています.

スピーカー良いですねぇ,私も何だか欲しくなります.
ただ,こちらはオーディオ系もパソコン系はしばらく自重しないといけないですかね(後カメラも)…….
当面は現行の1920x1080と(骨董品・ご老体の)1280x1024のモニタ1枚ずつでしのぐことにします.


名前:  非公開コメント